形成外科

けが(外傷)

外傷とは、外力(機械的、物理的、化学的)により生じた組織・臓器の損傷(けが)をさします。形成外科では皮膚以外にも、骨、筋肉・腱、神経、血管の外傷を扱います。創傷は受傷の原因、受傷時の創部状態によって分類されます。それぞれの創に合わせた処置をすることによって、より目立ちにくい傷あとにします。

切創(切りきず)

ガラス片や刃物などの鋭利なもので切れた、いわゆる「切りきず」です。手足の切創においては、比較的浅いところを走行する神経、血管、腱などの損傷を伴うことがあるため、早期にそれらの損傷を確認し適切な処置を受ける必要があります。

擦過傷(すりきず)

道路や塀などにこすりつけることにより、皮膚がすりむけた状態の創傷です。皮膚の損傷自体は浅く、多くの場合縫合せずに治ります。しかし、創面に微細な土砂、ゴミなどが埋入し、治ったあとも皮膚のなかに残ってしまう場合があります。この状態を外傷性刺青といい、特にアスファルトなどの黒色の異物は治ったあとがかなり目立つので、初回の処置が重要となります。

裂挫創(皮膚が裂けたきず)

鈍的外傷により生じた皮膚の損傷で、切創に比べて傷口周囲の損傷が高度なことが特徴です。

刺創(刺しきず)

先端の尖った鋭利な器具(鉛筆の芯など)が突き刺さって生じる創で、創口が小さくても深い事が特徴です。時には器具の先端が創内で折れて残存し、摘出が必要になる場合もあります。

咬傷(咬みきず/ヒト咬傷、動物咬傷)

ヒトや動物に咬まれた後に生じる創傷です。歯に付着している雑菌が体内に押し込められることにより、受傷後の感染の頻度が最も高い創傷のひとつです。

前のページに戻る