形成外科

眼瞼下垂

加齢性眼瞼下垂

眼瞼下垂症とは、上まぶたが十分に上がらない状態のことです。まぶたは上眼瞼挙筋やミュラー筋と呼ばれる筋肉が、瞼板と呼ばれるまぶたの芯となる組織を引っ張り上げることで開きます。筋肉と瞼板は、腱膜という組織で繋がっています。(図1参照)

この腱膜が加齢によりたるんでくると筋肉の力が瞼板に効果的に伝わらず、まぶたが上がりにくくなってしまいます。また皮膚のたるみや筋肉の衰えも、加齢性眼瞼下垂症の原因となります。これにより物が見えにくくなり、眠そうな印象を与えます。また、おでこの筋肉(前頭筋)を利用してまぶたを上げようとするため、まゆ毛の位置が高くなり、額の横ジワが目立つようになります。(図2参照)この病気が頭痛、肩こりの原因に繋がることもあります。

  1. 正常なまぶた
    図1:正常なまぶた
  2. 加齢性眼瞼下垂症
    図2:加齢性眼瞼下垂症

治療法

A)余剰皮膚切除術

余剰(弛緩)して垂れさがった眼瞼皮膚を切除する方法です。上眼瞼皮膚を切除する場合と、眉毛下で皮膚を切除する場合があります。睫毛を押し下げる余った皮膚がなくなるので目をひらくのが楽になります。

B)挙筋前転術(図3)

腱膜を瞼板に縫い付ける手術です。上まぶたの皮膚を切開し、たるんだ腱膜や筋肉を前方に引っ張り、糸で瞼板に縫い付けます。この手術により腱膜のたるみが改善し、上眼瞼挙筋の力がしっかりと瞼板に伝わり、十分にまぶたが開くようになります。

挙筋前転術
図3:挙筋前転術

前頭筋吊り上げ術(図4)

上眼瞼挙筋の機能低下が強く、挙筋前転術では改善できない重度の眼瞼下垂症に対して行います。太ももの筋膜やゴアテックスシートなどを用いて瞼板とおでこの筋肉を繋ぎ合わせる手術です。これにより、おでこの筋肉を利用した眉毛を上げる動作で、まぶたを開くことができるようになります。

前頭筋吊り上げ術
図4:前頭筋吊り上げ術

これらの手術を行うことで、十分にまぶたが開くようになるために、視野がよくなります。またおでこの筋肉を利用してまぶたを上げようとしていた方は、頭痛や肩こりがよくなることが期待されます。

前のページに戻る