形成外科

きずあと(瘢痕 総論)

擦り傷や切り傷などの外傷ややけど(熱傷)、また手術による傷が治ると、傷あとが残ります。一般的に深い傷ほど目立つ傷あととなり、整容的・機能的に問題になることがあります。きずあとの種類には以下のようなものがあります。

1)成熟瘢痕

傷は炎症とともに治っていきますので、最初は赤くて痛い傷が、時間が経つにつれ肌色や白色に近づいていくのが普通の経過で、このようにして残った傷あとを「成熟瘢痕」といいます。

2)肥厚性瘢痕

傷ができてからしばらくの間、傷が赤くみみずばれのように盛り上がることがあります。これを「肥厚性瘢痕」といいます。傷が関節や首など、体が動くと引っ張られる場所にできると、ほとんどの傷が肥厚性瘢痕となります。

3)ケロイド

傷あとには、肥厚性瘢痕よりも炎症が強いものがあり、それを「ケロイド」といいます。ケロイドの発症には「ケロイド体質」が大きく、遺伝することもあり、その原因などは様々です。

4)瘢痕拘縮

肥厚性瘢痕やケロイドを治療しないで放っておいた場合、徐々に線維がたまっていって硬くなり、関節などで引きつれを起こすことがあります。これを「瘢痕拘縮」といいます。指の関節、肘や手首、膝や足首、また首やわきが好発部位となります。これらの場所にやけどやけがをしてしまった場合は、機能的に問題になる可能性があるので、早期に適切な治療を行う必要があります。

治療法

成熟瘢痕

A. 外科的治療法

瘢痕を切除して縫合してしまう方法があります。けがによる細い傷あとなどは、周囲をジグザグに切って縫うことで、傷にかかる力を分散して、目立たない傷にすることが可能です。W形成術やZ形成術という方法が使われることもあります。抜糸した後もテーピングを行うことにより、傷にかかる緊張を減らすことが重要です。

B. レーザー

皮膚に細かい穴をあけて、皮膚の再生を促すレーザーが使用できる場合があります。

ケロイド・肥厚性瘢痕

A. 保存的治療

ケロイド、肥厚性瘢痕の治療は保存的治療が第一です。保存的治療は、単独ではなく複数を組み合わせて行うことが多いです。

a. 圧迫療法
テープ、スポンジ、サポーター、シリコンゲルシート、コルセットなどによる圧迫をおこなうことで固定と患部の安静を保ちます。
b. 外用療法
ステロイド剤の入ったテープを使用します。
c. 局所注射療法
ステロイド剤をケロイドに直接注射する方法です。
d. 内服療法
抗アレルギー剤が、かゆみなどの症状に効果が認められることがあります。

B. 外科的治療

肥厚性瘢痕やケロイドは、手術をしない方法で軽快する場合もありますが、ひきつれ(瘢痕拘縮)の原因になったり、整容面で問題となれば、手術の適応となります。術後の再発予防のため、縫い方の工夫をし、抜糸後もステロイド剤を傷あとに注射します。

瘢痕拘縮

A. 保存的治療法

軽度の引きつれであれば、ステロイドのテープや注射で改善させることが可能です。

B. 外科的治療

「瘢痕拘縮」は、関節部や首など皮膚が引っ張られる場所にできるので、引っ張られる方向に力がかからないように、向きを変えたり、ジグザグに縫ったりして(Z形成術やW形成術)引きつれを解除します。(瘢痕拘縮形成術)

前のページに戻る