病気について

リトルリーガーズショルダー(上腕骨近位骨端線離開)

概要

リトルリーガーズショルダーは投球動作を繰り返し行うことで成長段階の骨に引っ張り、ねじれなどのストレスが加わることで上腕骨近位骨端線が障害されます。子供の骨には骨端線とよばれる成長軟骨板があり、この部位が骨の伸びていく場所であり、繰り返される負荷によりここに離開が生じます。少年野球では、投球フォームが未完成な場合が多く、特に不良なフォームで投げていると、この負荷が大きくなり骨端線損傷を引き起こす危険性が高くなります。発症年齢は骨端線が閉鎖する以前の10~15歳に生じやすい障害です。レントゲンにより離開の程度が判断できます。

>リトルリーガーズショルダー(上腕骨近位骨端線離開)

症状

主に投球時の肩関節の痛みがあり、進行していくと日常生活での動作時にも痛みが出るようになります。

治療

早期に発見されれば1~2ヵ月間の投球中止により確実に治癒が可能なため早期診断が重要になります。また、リハビリにより不良なフォームの原因などを改善していきます。

前のページに戻る