病気について

上腕骨内側上顆炎

概要

肘の内側にある上腕骨内側上顆に付着する筋肉を過剰に使うことで、その部位に炎症が生じる障害です。投球動作やテニス、ゴルフなどの繰り返されるスイングや、頻繁に重いものを持つ動作、手を捻る動作をする方に多く発症します。

症状

安静にしている時にはほとんど痛みはなく、スポーツ活動中や仕事の反復作業などの動作時に痛みを感じます。肘の内側を押してみると、痛みを訴えます。

>上腕骨内側上顆炎

治療

湿布・痛み止めの使用、注射によって症状を抑えながら、安静もしくは運動量・練習量を減らすことで症状の軽減を図ります。また、装具・サポーターや、テーピングにより症状を抑えます。リハビリテーションによりストレッチや、筋力トレーニング、または動作指導などを行います。保存療法を行っても症状が改善しない難治例の場合は手術を行う場合があります。

前のページに戻る