病気について

橈骨遠位端骨折

概要

肘から手首まで2本の骨があり、その2本の骨のうち太いほうの骨が手首付近で骨折します。特に転倒により受傷することが多く、高齢者や小児に多い骨折で、若年者では交通外傷やスポーツ中の事故で起こりやすいです。

>橈骨遠位端骨折

症状

手関節部の腫れ、痛みがあり、ひどい場合は変形などが見られます。神経損傷を伴う場合、触られた感覚の鈍さや痺れなどの感覚障害が出現することもあります。

治療

>橈骨遠位端骨折

保存療法

骨折のズレを元に戻すこと(徒手整復)ができた場合、腫れが少なく、神経麻痺がない例に対しては、ギプス固定を行います。

手術療法

骨折のズレが徒手整復できない場合や、腫れが強く、神経麻痺を伴う場合は、プレートやピンなどを使用し固定する手術が行われます。
保存療法、手術療法ともに固定する期間があるため、関節の動きが硬くなる可能性があり、リハビリを行うことで予防・改善を図ります。

>橈骨遠位端骨折
前のページに戻る