病気について

頸椎ヘルニア

頸椎、椎間板の一部がはみ出し、神経を圧迫することにより痛みやしびれを引き起こす疾患です。

頸椎ヘルニア

症状

頸椎ヘルニアになると、手足のしびれ・痛み・運動障害などが起こります。
比較的、働き盛りの30〜50代に多い疾患で、最初は頸部や後頭部、肩、上肢の痛み、しびれが出現します。症状がひどくなると下肢まで症状が出現する方もいます。

保存療法

鎮痛剤、リハビリテーション、注射、点滴などの治療を行います。

手術療法

<頸椎前方除圧固定術>
前方侵入による手術方法です。まず首の全面の皮膚を5〜7cm切開し、神経を圧迫している椎間板をとりのぞきます。そこに人工椎間板に人工の骨や患者自身の骨を補填し、金属で固定します。頸部の安静を保つため、手術の翌日まではベッドの上で過ごし、手術後2日目より歩行を開始します。原則としてカラーと呼ばれる固定用の器具は使用しません。

頸椎ヘルニア

<リスク>
骨盤部から骨を採取した場合には、骨盤部分に痛み・血腫がみられることがあります。

前のページに戻る