病気について

頸部脊椎管狭窄症

頸部脊椎管狭窄症は、骨に囲まれた脊髄が何らかの形で圧迫され、痛みが起こる疾患です。
神経が通っている脊柱管が狭くなる原因としては、骨をつないでいる靭帯が肥厚してしまうことが考えられます。

頸部脊椎管狭窄症

症状

首・肩のコリ
手の痛み、しびれ
足の痛み、しびれ
手足の筋力低下

上記の症状が現れます。

保存療法

鎮痛剤、神経に栄養を与え血管を拡張させる内服薬や注射、リハビリテーションを行います。

手術療法

<脊柱管拡大術/後方法(白石アプローチ)>
脊柱管拡大術は、脊椎の後の骨を後方へ開き、脊髄の通り道を広げ、神経の圧迫を取り除き、痛みを緩和させます。通常は、頸椎の手術をするためには、頸椎の後ろ側の棘突起や椎弓と呼ばれる骨についている筋肉を剥がしてしまわなければなりませんが、白石式アプローチを用いた手術では、この筋肉を剥がしてしまうことなく、頸椎の後方についている筋肉の隙間を利用し、頸椎にたどりついて手術を行います。また、筋肉をはがさないことにより術後の体への負担は大幅に軽減されます。
再度骨が狭窄しないようにスペーサーという人工骨を間に入れます。

頸部脊椎管狭窄症 頸部脊椎管狭窄症 頸部脊椎管狭窄症

<リスク>
手術後、頸部の痛みがなかなか取れない場合があります(軸性疼痛)。

前のページに戻る