病気について

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の一部がはみ出し、神経を圧迫することにより、痛みやしびれを引き起こす疾患です。

腰椎椎間板ヘルニア 腰椎椎間板ヘルニア

症状

神経が圧迫されるため、腰や臀部(お尻)、足に痛みやしびれが起きたり、筋力低下、反射の異常などが起こります。痛みが激しく、立てなくなるほど痛むこともあります。

保存療法

鎮痛薬・リハビリテーションを行います。症状が改善しない場合は、点滴・ブロック注射を追加します。

手術療法

<MICRO−LOVE法/顕微鏡下椎間板ヘルニア摘出手術>
メスで皮膚を2〜3cmほど切開し、脊椎の一部を開き、椎間板から飛び出して神経を圧迫している髄核や線維輪を取り除きます。従来の「LOVE法」は目視で手術を行うものでしたが、この「MICRO−LOVE法」は手術用に開発された顕微鏡を使用し行われます。

腰椎椎間板ヘルニア

<リスク>
「MICRO−LOVE法」は「LOVE法」より切開する幅も、体への負担も少なくはなりましたが、やはり痛みもそれなりにあります。翌日にはベッドから起き上がり歩行可能ですが、数日間入院が必要です。

<MIS−TLIF/低侵襲経椎間孔進入椎体間固定術>
比較的、症状の重い患者さまに対して行われる手術です。
腰痛や腰椎の椎間不安定性がある場合に、体への負担を最小限に抑え、人工椎間板、スクリュー、ロッドなどを使用し、椎間板を固定させる手術を行います。

腰椎椎間板ヘルニア

リハビリテーション

1.痛みが強い時期は安静を心掛け、コルセットを装着することで腰部の負担を軽減させます。
2.痛みが軽くなってくれば物理療法(温熱療法や電気刺激療法など)や、
運動療法(ストレッチングや体幹筋力強化など)を行います。
3.スポーツ復帰を考える場合は、少しずつ競技特性を考慮した動作練習を行い、
問題がなければ、医師・理学療法士と相談して競技に復帰します。

前のページに戻る