病気について

MCL損傷(内側側副靱帯損傷)

概要

内側側副靱帯(MCL)は太ももの骨と脛(すね)の骨の内側を繋いでいる靭帯であり、膝が内側に捻らないように止める役割があります。内側側副靭帯損傷は膝靱帯損傷のなかで最も発生頻度が高いと言われています。
受傷起点として膝が内側に入るような衝撃で受傷します。例としてはラグビーなどの衝突しあうスポーツやスキーなどが挙げられます。

>MCL損傷(内側側副靱帯損傷)

レントゲン

>MCL損傷(内側側副靱帯損傷) >MCL損傷(内側側副靱帯損傷)

症状

膝関節の内側に圧痛、腫脹、熱感、体重をかけた際の不安定感などがあげられます。また曲げ伸ばしでの痛みや可動域制限も生じやすいです。

治療

リハビリや装具療法、痛み止めの使用などの保存療法を行います。損傷の程度によっては手術療法が必要となる場合があります。

前のページに戻る